記事インデックス

                        羽田克己 (昭和42年-1967年-文理15回卒)

haneda  この度有志のOB会が開催され、40数年振りに懐かしい方々にお会いできることを嬉しく思います。また再来年の当クラブ創立50周年をどのようにしようかと思案中の皆さまの参考になればと思い、創設の経過や仲間の思い出などをまとめてみました。

  本来なら山本憲一さん(通称山ちゃん)と一緒に語り合いたいのですが、彼は去る平成15年4月22日に急逝されました。私がこのクラブの言い出しっぺとはいえ、山ちゃんの力がなければ存続できなかった程、彼は私の女房役に徹して、何時も穏やかに、しかも力強く支えてくれたことを思うと、今も残念です・・。

山ちゃんとの出会い

  私は昭和38年(1963)4月 信州大学文理学部に入学し、思誠寮(現在の記念公園の北東隅に3棟)に入寮、入学式までの一安心の間、屋代東高校当時、クラブで覚えたマンドリンで「こんにちは赤ちゃん」を弾いていたら、「いい音色だね、俺も弾きたいなあ」と言ってきた人が山ちゃんでした。

  彼は高校の1年先輩にあたり、高校時代にもクラブの発表会で聴いて弾きたいと思っていたとか。私はどうぞと楽器を貸して多少のご指導をしました。彼は一日中練習するのです。寮は狭いのでいつの間にか評判になり、たまたま寮生だった山ちゃんと同級生の庄村さんがいて、彼はギターを弾けるので3人で遊びながら、会議室を借りて演奏するようになりました。まあ当時他の寮生から非難を受けるようになって校庭の隅に追いやられることになるのですが。