我々有志による演奏は、講演会開演前の15分ということで、おなじみの「テキエロディヒステ、みかんの花咲く丘、童謡“春夏秋冬”」の3曲を演奏しました。開演時は67割くらいの客席でしたが、3曲目の「童謡“春夏秋冬”」では各曲に合わせて歌声があちこちから聞こえてきて、演奏が終わって客席に向かってお辞儀をしようと客席に振り向いたら、会場が満杯でびっくりしました(この日は庄村さんのピンチヒッターで日野が指揮をしました)。講演会は佐々木和也さん(H1繊卒、宇都宮大学教育学部准教授)と古畑敏彦さん(S46医卒、松本協立病院理事長)を講師に迎えて「TPPと子供の食事情」、「TPPと日本の医療」という演題でそれぞれ教育者、医者という立場からTPP合意に至った場合の懸念・心配という観点より講演が行われました。また講演会終了後のアトラクションとして佐々木さんのマンドリン独奏と金井正広さん(S50工卒)のギター伴奏を加えての二重奏が行われ大盛況のうちに講演会は終了しました。なお、この日の主演者は次の通りです。

<独奏・二重奏>佐々木和也(H1)、金井正広(S50)<合奏>1st;藤松美喜子(S45)1stドラ;西沢今朝治(S44)、2nd;鶴見鍵二(S44)、Gt  ;金井正広(S50)、細野ひろみ(S50)、指揮;日野博明(S47) (2016/02/12 甲信越支部長 日野博明)
20160130sasaki2
20160130furuhata160x11920160130sasaki1